スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
「労組に入っていたほうが安心」労働相談で加入相次ぐ
 秋の月間では、生協関連の労働者だけでなく、組合員から知り合いの一般の労働者の紹介を受けて加入になるケースも増えています。
 倉敷の厨房で働いているパートの女性は「2年間働いていたけど、有給休暇はないものだと思っていた」と言います。どんな労働者でも労基法で認められているということを説明すると、びっくりして「勉強になった。一度申請してみる」と言って加入用紙を書いてくれました。
 また、社会保険も雇用保険もなく、交通費も出ないある工務店に勤めている労働者は「将来的展望がない」と相談してきました。「過去にほかの人が改善を訴えたけど駄目だった。辞める時に給料をもらえなかった人がいるので、そうならないように労組に入っていたほうが安心だ」と加入してくれました。
 全国的に、派遣切り、雇い止めの嵐が吹き荒れています。年を越せるかどうか悩んでいる方はいませんか。ぜひともお気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

【 2008/12/15 15:02 】

| 活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。