スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
いのちはかけがいのないもの
19日にシネマ・クレールで「うまれる」の映画を観ました。
参加者からは、異口同音に自分自身の経験や体験と重ね合わせて、感想が語られました。
その一部を紹介します。
sさん…『妊婦時代のしんどさを思い出した。息子が今、受験中なので癒されました。』
Mさん…『息子に体内教育の時のことを聞くと覚えていた。』『友だちが妊娠をして、その時乳がんが発見された。赤ちゃんをなくなくあきらめた。その人は赤ちゃんは、私の病気を知らせるために来てくれたと思った。』
Hさん…『いのちは、かけがいのないもの。子どもから孫と命の連鎖を感じました。命はつながっていく。』
年間3万人以上の自殺者を出す社会。子どもたちがいじめが原因で自殺する日本。だれでもよかったと言って他人を巻き添えに自殺しようとする大人たち……新自由主義、競争社会が起こした格差社会。社会の歪みを正し、命(人)を思いやる社会をつくらねばと感じました。
ちなみに25日まで上映しています。
スポンサーサイト
【 2011/02/21 11:18 】

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<こんなのあり……? | ホーム | 鉄道発祥の地での宣伝行動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skippan.blog25.fc2.com/tb.php/35-64ccd2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。