スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
定期大会開催される
 9月8日(土)に定期大会を開催しました。
首都圏青年ユニオンの山田さんより「労働と貧困から考える労働組合の役割~人間らしい生活をするために必要なこと~」をテーマに講演をしていただきました。「正社員だけども使い捨て」という実態。「がんばっても正社員になれない」「正社員は過労死寸前でまだフリーターの方がいい」。
違法の3点セット(時間外割増賃金・深夜割増賃金の未払い、社会保険や雇用保険の未加入、有給休暇の未取得)。加えて違法な解雇や雇い止めの横行。法律を無視した働かせ方の実態が報告されました。
現在裁判を闘っている、「牛丼のすき家」を始め青年が自らの雇用と権利を勝ち取るために、労働組合に結集し活動していること等々、青年を取り巻く厳しい労働環境とそれに対しての労働組合の役割が、実践の中からリアルに聞けました。
 その後の大会では、委託の仲間・アルバイトの仲間・生活保護から抜け出して、生活再建をしている仲間からの発言がありました。各議案の採択、役員の選出も終わり、長尾副委員長の団結がんばろうで閉会しました。

スポンサーサイト
【 2012/09/10 14:15 】

| お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<流通サービス分会秋闘要求を提出 | ホーム | 本当に対策はないのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skippan.blog25.fc2.com/tb.php/61-ce478a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。